え、作れる?包茎を治すグッズ

え、作れる?包茎を治すグッズ

え、作れる?包茎を治すグッズ

え、作れる?包茎を治すグッズ日本人は包茎が多いとのことです。

 

仮性包茎がほとんどとされていますが、真正包茎も少なくはありません。事実、症例もあるほど、手術される方もいるのです。

 

真正包茎であるために、人生において損をしていると感じることもあるのではないでしょうか。

 

コンプレックスになる問題です。異性には奥手になり、温泉や大勢の前で裸になる場面も避けたい…

 

しかし、楽しみたいものです。

 

真正包茎の状態を改善するためには手術法がポピュラーではありますが、費用の問題などもあり、誰しもが気軽に受けられるものではありません

 

そこで、比較的利用しやすい、キトー君のようなグッズが選ばれています。実際に利用し、状態がよくなった、仮性包茎まで改善されたといったコメントも多く評判です。

 

そんな包茎改善グッズは、実は自作できるという話も・・・。

 

その点について調べてみました。

 

セルフで作る包茎改善グッズ

用意するもの:洗濯ばさみ、綿棒

 

自宅にあるもの、またお近くのお店で揃うものばかりですね。もはや、100円ショップで揃いそうです(^^;

 

綿棒をまずは包皮の先端の穴にさしこみます。綿棒の反対側を洗濯ばさみでつまみます。洗濯ばさみを固定することにより、皮を少しずつむいていくことができます。

 

綿棒は先端がまるみがあり刺激が少ないため、適切です。

 

ただし、綿の部分が詰まるリスクもありますのでご注意ください。

 

また、ペンチや水風船で作る方法もあります。

 

ペンチの先端に水風船をかぶせてから、包皮をはさんで使用します。

 

このような方法で作り、実際に試されている方もいます。ただ、どちらにしても、デメリットはあります。

 

  • 綿棒はやわらかすぎる
  • 固定しづらい
  • ペンチは一歩間違えると危険
  • リスクがある

 

など。

 

不安要素満載・・・包茎グッズは購入するべき

包茎グッズは、製品的にもそう安いものではありません。それもあって、自作の方法はないか、とネットで方法を探される方が多いのも事実です。

 

実際に手作りをして、そのグッズを試した方もいますが、結果はどうでしょう?

 

リサーチした結果からいうと、うまくいっているケースがほとんどないようでした。

 

デメリットを総合的にまとめて考えると、キトー君を購入するべきと私は思います。

 

包茎を改善するグッズを自作するメリットは、「コストが抑えられる」ただそれだけに限ります。

 

一方でデメリットは多々あります。

 

まずひとつは、もっとも重要な「効果」が期待できないことです。

 

試してみたコメントでも、「痛みやトラブルはなかったが、効果もなかった。」と、効果につながらなかった感想が多いように見受けられます。

 

その程度のものに、数百円でも払うなら、効果的なものにお金をかけるべきではないでしょうか。自分の大事な部分がかかっているのですから。

 

また、「リスク」も問題点といえます。すべては自己責任です。

 

もし何らかのトラブルが起きて取り返しのつかない状態に陥ってしまったり、あるいは病院で治療が必要になったときの負担など、もろもろを考慮すると、やはり、きちんとしたメーカーのものを選ぶべきではないでしょうか。

 

たとえば、利用した際に痛みなどがなくても、衛生的には実は問題があり、感染してしまうリスクなどもありますし、炎症などのトラブルの元にもなります。

 

真正包茎を自力で治すならキトー君で

手術を受けないにしても、自宅でケアするにしても、包茎を良くするために、信用できるアイテムがあります。

 

キトー君は、メーカーが開発して販売している製品ですから、自分で作るものよりずっと信頼がおけますし、なにより効果が期待できます

 

1回の使用で効果が出るとはいえませんが、継続するにしても、大体2~3週間ほどで効果を実感される方が多いです。

 

また、安全性などをみても、キトー君はおすすめです。安全性に配慮して作られていて、重篤な報告などは今のところありません

 

さらに、「保証」もあります。

 

返金保証制度や、手術代保証制度といった嬉しい制度を設けています。一方で、セルフで作ったものはすべて自己責任になります。

 

手術を受ける前に、何か他の方法を試したいという方も、キトー君を試すべきです。

▲TOPへ戻る